DJ Moon presents...夢のPicnic Book

カテゴリ:詩集( 1 )

ルー・リードの声,マーク・ボランの声

僕にとってロックは声だった,そしてそれは文学のようなもの.

跳ねるスペースボール
            /マーク・ボラン1972

僕はただの一人の男/風の流れが判るし/
子供たちがどうして泣くのかも判ってる/

レス・ポールを抱えた/
僕はちっぽけな存在だけど/
とにかく人生を楽しんでいるんだ/

次から次へと夢中になって本を読みあさる/
作者が友達のように/
僕に語りかけてくれる時はいつだってね/

僕にいったい何ができるというのか/
僕らは動物園で暮らしている/
僕にできることといえばスペースボールを
跳ね返らせて遊ぶだけ/

僕の心の奥深くに一軒の家/
その中にきみのすべてが/
ほとんど収められているんだ/

僕は一台の車を買ったよ/
古いけれど扱いやすい/
夢中になったとたんどこかに消えてしまった/

愛している女の子がいるんだ/
変わることのない天使/
彼女は大都会,僕が僕みたいだなんて最低だなぁ/

どうすれば愛が交わせるっていうんだ/
僕にできることといえばスペースボールを
跳ね返らせて遊ぶだけだというのに/


マークボラン詩集を開いて
改めて、T。レックスのうたに
耳をそばだてた日々がなんだか昨日のようです.

そのころ,ちょうど,パン屋さんをやっていて
バンを焼きながらメタルテープに詩集の順番に録音した
マークボランの声をきいていました.

ネオアコースティックを集めたテープをかけて
イギリスの片田舎の都市の子供達のうたをきいていました.

ルーリードの詩集はインタビューも入っています.
僕は、声はルーもすきだけど,ボランの書く詩のほうがすきです.

LOU REED詩集ーニューヨーク・ストーリー/梅沢葉子訳
1992.8.20河出書房新社刊

MARC BOLAN詩集ーボーン・トゥ・ブギ/中川五郎訳
1988.6.23シンコー・ミュージック刊
d0034331_21239.jpg

[PR]
by anthemia | 2005-05-21 01:54 | 詩集



Let's Go!ピクニック♪
カテゴリ
全体
ごあいさつ
podcastの聞き方
net radio
gestDJ compileRadio
おとづれ
聖歌

絵本
comic
宇宙模型
club jazz
偉人
奇書
ビッグバンド
シネマ

magazine
詩集
ウクレレ
Jazz喫茶
Mac
Jazz Bar
GarageBand
club wedding
北欧
フォロー中のブログ
Picnic LINK
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧