DJ Moon presents...夢のPicnic Book

カテゴリ:絵本( 4 )

世界でいちばん美しい景色のはなし

d0034331_23184296.jpg

とっても感動しました。ぼくは絵本を買って、手に取ってよみました。オンラインで、PDF file等で無償公開されているようです。ぜひ、ご一読を。

http://u-keshiki.net/index.html

http://u-keshiki.net/contents1.html

イラストは、
清水麻里/万里さんです。

すてきなオンライン絵本は。。。

いちばんすきな絵本♪に再会。

一番すきだった、オンライン絵本に再会できました!

めっちゃうれしいので、みなさんにも

ぜひぜひ、ひらいていただきたいです。

絵本は、じゃぁーーーん♪
http://314.gozaru.jp/

何度観ても、いいなぁ。。。すてきすぎです!
d0034331_23193383.jpg
d0034331_23194726.jpg
d0034331_2320049.jpg

[PR]
by anthemia | 2007-02-23 23:20 | 絵本

シシリー・メアリー・バーカーの[花の妖精の絵本]

イギリスのシシリー・メアリー・バーカー(1895-1973)の
花の妖精絵本です.

The Complete FLOWER FAIRIES Collection
CICIELY MARY BARKER
1990(1923 25 26 34 40 44 48 85)刊
Frederick Warne / UK

d0034331_22163365.jpg
d0034331_22184722.jpg


花の気持ちの絵すべて一枚一枚に,うた(Song)として詩が
そえられています.

なんて愛らしい,うたごころ,えごころ,なんでしょう.
正確なスケッチの中に想像力がすてきに遊んでいます.

はるのはなの妖精1923刊
なつのはなの妖精1925刊
あきのはなの妖精1926刊
アルファベットのはなの妖精1934刊
きのはなの妖精1940刊
にわのはなの妖精1944刊
のべのはなの妖精1948刊
ふゆのはなの妖精1985編纂刊

全162編の絵と詩が集められ箱につめられています.

シシリーメアリーバーカーは「のべのはなの妖精」の序で
自分の絵本たちのことを「装い」と呼んでその楽しさを慎重に
語っています.
英語のにがてな僕も一夜一編でいいから162編の絵本のページを
よみといてみたいなぁ..とおもっててにしたのですが,
翻訳のほうは,ながめるだけで,いっこうにすすんでいません.
花の香りいっぱいの,ちっちゃな絵本たちです.
[PR]
by anthemia | 2005-05-08 22:17 | 絵本

おしえてもらった絵本/つたわっていく絵本

インターネットにホームページを開いたのは1996年
の夏だったかと思います.

音楽の聞こえてくるような絵本のページを創りたくて
ページをひらきました.

メルヘン&ファンタジーのメルファンアイランド
というところに,自主制作の掲示板の島があって20人余りの
人たちがおのおの,その島に自分のお家をたてて
20数個の掲示板が運用されて.みんながいききしていました.

そこで,しりあったひとに,おしえてもらった
たいせつにしている一冊の絵本があります.
図書館員をしているゴブスタインという女性が
淡い水彩画にめのさめるように,しかし,しづかに
しっかりと,ことばを,そえています.


M・B・ゴブスタインのえほん『作家』
1984ジー・シー・プレス

A Writer

作家は/ソファに座って/考えをあたためている.

やがて/紙に/言葉をおき,

それを切り,刈りこみ,/設計し,形をととのえる.

彼女は庭師,/だが土地も,/そこにどんな種子が/
根を下ろすかも/さだかではない.

花々と,雑草と,/一本のやせた木を/育ててきた.

いま彼女は/さまざまな色のパンジーを/夢見る.

一日の初めての光に/彼女は見る/小さな双葉が/
芽ぶいたのを.

兎がそれを食べたとしても/怒らない./
もっと生えてくると/知っているから,

作家は/いつも学び,みつめ/,
耳をかたむけるものだから.

いろんな思いが/心にひろがる,/
どんな気持ちの波立ちも/
気分の変化ものりこえて,/
彼女はそれを大切にしてゆく.

彼女はたくさんの作家の/一人にすぎない,/
ひとり机にむかい,/自分の本が/いつか

人々の心に種子となって/蒔かれることを願っている.


この絵本をひらくとき,
いつも,はじめのきもち,を,おもいだすことができます.
ルール違反を承知でご紹介させていただきました.
本棚に一冊,しのばせておくだけで,
ほんとうのきもちは,なんだったのか,
わすれることなく.まいにちを,すごせる,大切な絵本です.
d0034331_22251617.jpg

[PR]
by anthemia | 2005-05-06 21:41 | 絵本

岡本帰一のコドモノート,コドモノクニ

1920年代の絵本をひもとくと
岡本帰一さんという児童画家に
めぐりあいました.

古本屋さんで.
赤い鳥傑作集/坪田譲治編
(新潮文庫1955初版1971年31刷 刊)
という,
大正の「童話と童謡を創作する最初の文学的運動」
として鈴木三重吉によって創刊された
『赤い鳥』という雑誌をまとめた本にであいました.

『赤い鳥』をよみながら,岡本帰一さんのノスタルジックな
かほりのする絵をみてすごした休日の日々.

文化には,歴史のつみあげがあって
コドモたちがきゅんとなった絵や言葉があったこと

どこかに,西洋からの異国のかほりが
ひめやかに,しっかりと,かぐわいでいて,

そのモダンな風は夢見るちからになっていたんだなぁ...

僕が洋楽のジャケットやそのゆらぎにこころゆさぶられるのも
この時代のおしゃれな先端に西洋があったのと
すこしも,スタイルはかわってはいないんだなと
海の彼方を,夢見ること,のすてきにたどりつきました.

こどもの日に年に一度,ひらいてみるようになった岡本帰一絵本は

思い出の名作絵本 岡本帰一 
(らんぷの本 河出書房新社2001.8.30初版刊)

です.むねがしめつけられる絵がつまっています
d0034331_17125263.jpg
d0034331_17245292.jpg

[PR]
by anthemia | 2005-05-05 17:10 | 絵本



Let's Go!ピクニック♪
カテゴリ
全体
ごあいさつ
podcastの聞き方
net radio
gestDJ compileRadio
おとづれ
聖歌

絵本
comic
宇宙模型
club jazz
偉人
奇書
ビッグバンド
シネマ

magazine
詩集
ウクレレ
Jazz喫茶
Mac
Jazz Bar
GarageBand
club wedding
北欧
フォロー中のブログ
Picnic LINK
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧